コストを掛けずに信用を勝ち取るバーチャルオフィスの価値

現代には、インターネットを介して出来る仕事や自宅サロンに講演家など必ずしもオフィスがなくても経営できる形態の職業が増えています。しかし、仕事につなげるには、それ相応の信用が必要となります。そして、コストを掛けずに信用を勝ち取るバーチャルオフィスの価値についてお伝えします。

 

信用を勝ち取ることの重要性

 

現代社会は、必ずしも会社に通わなければ仕事ができない職業ばかりではありません。

自宅や作業スペースを確保して行える仕事も増え、会社に必ずしも属する必要性もないのです。

 

しかし、フリーランス・自営業といった収入も不安定な生活が続けばストレスも溜まり、やはり会社に属している方が楽だったかもなんて考える方もいる事でしょう。

では、なぜフリーランスや自営業が上手くいかなかったのか?

そこには、いくつか問題が発生していたことが考えられるのです。

 

・営業力がない

・利益を考えた仕事を行えていない

・アピール力が足りない

・無駄な出費で経営を悪化させている

 

など、ビジネスを成功させる際に重要なポイントを見過ごしていたのかもしれません。

フリーランスで働く方が増えているため、自身を評価してくれる人が増えなければ企業は見向きもしてくれません。違いを生み出し信用を勝ち取ることへの重要性について一度考えてみることをおすすめします。

 

バーチャルオフィスで勝ち取れる信用

 

そもそも、企業はなぜあなたに注目してくれないのでしょう。答えは、信用や信頼がないからです。SONYやPanasonicなどの大手企業には、昔からの積み重ねた実績があるため信用や信頼があり、大きくCMを打っても収益に繋げることができます。

 

しかし、信用も信頼も勝ち得ていない状況で、オフィスを持ったり広告に多く費用を掛けていれば、利益も少なくなってしまいます。また、仕事を受持つために、周りよりもコストダウンすれば、より利益は減少するため経営は困難となります。

 

では、どうやって信用や信頼を勝ち取るのか?

簡単です。株式会社や有限会社など法人登記し、社会的に会社経営していることを知ってもらうことです。別に従業員は一人や二人でもいいんです。起業して間もない会社というのは、やはり世間的に信用度が低いため、少しでも優位に見える情報を作り上げていくこともが大切になります。そんな時に、役立つのがバーチャルオフィス。

一等地や都内に住所を構えているなどの情報を、相手に与えることで印象も良くなることや、起業コストを軽減できるといったメリットが生まれるのです。

 

無理して事務所を持つことはありませんが、企業として活動を健全に行えている実績があることを知っていただくイメージ戦略によって、ビジネスを軌道に乗せる秘訣でもあります。ただし、取引先には、しっかりとバーチャルオフィスを利用しているため、記載している住所では業務を行っていません。といった情報を伝えることも大切なのです。

 

記載住所には多くの企業が混在しているケースによって不審に感じることや、近場で営業に来ていた取引先の方が訪れたけれど会社の形成が見当たらないといった状況になれば心象も悪くなることも考えられるため、すぐに言わないとしてもある程度の実績を積み上げたら伝えておくことをおすすめします。

 

バーチャルオフィスやレンタルオフィスを利用した企業の在り方は、現在ではそう珍しい状況ではありません。企業が経費削減のために利用しているといった事情さえ知れれば、大した問題としない傾向にもあり、安心してご利用いただけるサービスなのです。

 

まとめ

 

バーチャルオフィスを利用したからといって必ず利益に繋がるわけではありません。

信頼を勝ち取るには、自身の実力が最も大切です。このポイントだけは忘れないでください。しかし、今まで敬遠されていた状況から、法人化や一等地や主要都市で企業を開業しているといった情報は、少なからずプラスと働いてくれます。

今、フリーランスや自営業でなかなか利益に繋がっていない方は、自社の在り方について考え直してみましょう。