貸し会議室の利用方法いろいろ

貸し会議室の利用方法は無限

オフィスゼロワンでは、東京都板橋区で1時間500円の激安貸し会議室も運営しています。

貸し会議室には様々な利用方法があり、当オフィスで実際にあった使用例を少しだけご紹介します。

 

士業の方などの相談場所として

士業とは、弁護士、司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士などを言います。

士業の方にはまずは自宅で開業する方も多いのですが、お客様の相談場所として自宅内ではちょっと…と感じることも多いものです。

そこで、喫茶店やファミレスなどを相談場所として利用している方もいらっしゃいますが、相談内容によってはやはり公の場というのは不都合なときがあります。

そんな時に貸し会議室を相談場所として利用することにより、プライバシーが守られることは士業として大変重宝されます。

 

採用面接の場として

大きな企業ともなると、自社で会議室を複数持ち、用途に応じて使える場合も多いですが、小さな企業の場合、自社の会議室はあっても業務のためのミーティングでしょっちゅう埋まっていることも多いものです。

また、コンビニや飲食店などではまさかお客様がいる前で面接するわけにもいかず、かと言って従業員用の事務室は狭く、誰かしらいることも多いので、せっかく応募してきてくれた方にもちょっと失礼かな…と思ったり…。

そういう採用担当者や店舗オーナーから貸し会議室を一時的に利用していただいています。

やはり、ここでも重視されるのはプライバシーなんですね。

 

ワークショップの場として

ワークショップとは、簡単に言うと「体験型講座」のようなもので、参加者が経験や作業を披露したりディスカッションをしながら、スキルを伸ばす場であったり、最近では企業研修や住民参加型のまちづくりにおける合意形成の手法として、ワークショップの形式が取られることもあります。

たまに、街なかのカフェなどでワークショップの場を提供していることもありますが、貸し会議室もワークショップの場として最適です。

 

ボードゲームなどの場として

オンラインゲームが台頭してきた昨今でも、リアルに対面して行うボードゲームの他、将棋、囲碁、麻雀などは根強い人気があります。

また、テーブルトークRPGもファンは多いようです。

こういったゲームの場としても貸し会議室の利用は有効です。

従来からの友達同士であれば誰かの自宅でやることもいいのですが、それでも部屋を片付けなければならなかったり、終わった後の掃除も結局は部屋を提供した住人がやることになる…と不公平なことも発生するかもしれません。

貸し会議室であれば、そういう面倒なこともなく、参加者全員がゲームに集中することができます。

 

セミナー、塾の場として

セミナーを開催しようとした場合、いつも気になるのが会場の問題です。

常に大人数を集客できるセミナーであれば、広い会場をそれなりの価格で抑えることもできますが、初めてセミナーを開催する場合やまずは小さく始めたいという場合、なかなか適当な会場が見つからないことが多いです。

そういう時に貸し会議室を利用すれば最低限のコストしか負担がないので最初によくありがちな「数人しか参加者が集まらなかったな…」というときもさほど痛くありません。

また、塾の開業を検討されている方も、いきなりどこかのオフィス物件を借りるのではなく、まずは少人数の生徒を集めて、教えるときだけ貸し会議室を利用するということであれば、初期費用もかからず、コストを抑えながら運営していくことができるでしょう。

 

まとめ

このように、貸し会議室の利用方法はビジネス、プライベート問わずたくさんあります。

「一時的に利用できる個室」というものはプライバシーに配慮しながらも使い勝手が良く、初期費用や定額コストもかからないので「ちょっとこういうことを試してみたい」というニーズにも充分に応えることができます。

 

オフィスゼロワンでは東京都板橋区で1時間500円という格安価格で貸し会議室サービスを展開しています。

個室内にミニキッチンやトイレも完備しています。

飲食物の持ち込みも可能です。

完全予約制となっており、予約システムは安心の「Spacee」を採用しております。

ビジネスにプライベートに、ぜひご活用ください。